行ったらつい教えたくなっちゃう。 何回でも楽しめちゃうホテルの魅力大特集。

明治の息吹を感じることができるホテル

つい教えたくなる明治時代

「明治時代ってなに?」なんて思ってませんか?

それはもったいない!
すみません、ちょっとドラクエ風に言ってみました(笑)

冗談はさておき、本当にもったいないです。
明治時代は、日本の歴史の中で必死にヨーロッパの文化を取り入れようとした、とっても魅力にあふれた時代なのです。

どのくらい魅力的かって?
友達につい紹介したくなるような。
知っていて、周りに少しだけ優越感を感じられるような。
そんな感じです。

本当か?って?
本当です。
例えば、横浜市の「赤レンガ館」を見てみましょう。
大人気です。
いつも人だかりができています。
あの建物は明治時代の建物なのです。

そんな明治時代を感じさせる、レンガ造りのホテルに泊まってみませんか?
きっと紹介したくなるはず。

さあ、さっそく予約を取って、明治の貴族様になりましょう。

ごきげんよう

さあ、明治時代のホテルに泊まりましょう。

イメージしてみてください。
あなたは、明治の貴族様です。

あなたは「公爵」
ご友人は「伯爵」様です。

あなたは、優雅にレンガ作りの館を歩きます。
振る舞いは「プリンシパル」です。
だってあなたは「名門」の一族なのですから。

おっとこのBarにはあなたは入室できませんよ。
だってここからは「ご長男」のみが許された場所だから。

いや、やっぱり入っちゃいましょう。
今日だけは特別「可」です。
エスコートをしてもらいながら、ランプが照らす薄明かりの中で小声で語らい、ワインを飲む。
もちろんそのワインは、よく熟せされたフランスの葡萄酒です。

へえ、あなたは文豪にも通じていらっしゃるのですね。
じゃあ、洋館だけでなく倭館にも行きましょう。
ここでは着物を着てみませんか。
そう、太宰治のように。


この記事をシェアする
TOPへ戻る